漢方相談の色々

                   漢方薬の決め方には、色々な方法があります。
『初級漢方相談』  ‥‥ 西洋医学と同じように、病名ごとに定められた漢方薬の中から選び出す方法(病名漢方)。
「肥満には、夜間尿には、尿漏れには、更年期には、この漢方薬を」と、漢方薬を病名や症状だけで 決めている、最近のコマーシャルに多いパターン。 (数分で漢方薬が決まります)
『中級漢方相談』  ‥‥ 漢方薬の処方が書かれている古典の傷寒論・金匱要略や一般に販売されている漢方の解説本を勉強し、 これらの本に書かれている漢方処方の症状とあなたの症状をくらべ、ほぼ的合している漢方薬を選び決める方法。
外見に出ている症状は非常に似ていても、根本の病因・病理が異なっている場合、根本から改善されません。
『上級漢方相談』  ‥‥ 素問や霊枢に記載された五臓六腑の生理作用から「どこで、何が、どうなったか」を考え、内にある病因を改善することによって外に現れている症状を改善できます。一人一人の病因・病理に合わせて漢方薬を決める方法。
その病因・病理にあった生活養生・食養生を素問や霊枢を活用してお話し、実行して頂ければより速く改善、また再発予防にもつながります。