不定愁訴  冷え症、頭痛、肩こり、めまい・立ちくらみ、動悸、疲労、倦怠感、のぼせ、耳鳴、むくみ、多汗、口内炎、口臭  等

西洋医学療法の場合、検査結果に問題がなければ、治療の対象にならず、 「気のせいだから。」「年だから。」で終わってしまいます。

漢方医学療法の場合、2000年以上前からの医学療法で、現代の西洋医学療法のような検査機器はありませんでした。、
しかし、正統な上級漢方相談で用いられる古来からの方法「問診・望診・聞診・切診(触診)」によって、丁寧により詳しく情報を集め、それによって

                  『 とこで(五臓六腑の)、何が(気・血・水)、どうなっているか(停滞・不足・過剰) 』

が分かりますから、西洋医学療法的に治療方法がない症状や病名でも、漢方療法の場合は根本治療をする方法があります。
 『 体調に何か少しでも不安がある方 』 『 自分だけしかわからない症状で悩んでみえる方 』 お気軽にご相談下さい。