皮膚の病  アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、湿疹、かゆみ、吹出物、ニキビ、イボ、しもやけ、肌荒れ、乾燥肌 等

西洋医学療法では、主に外用薬を用い、かゆみが激しければ抗ヒスタミン剤を服用してかゆみを軽減させます。  
皮膚だけの問題であれば短期間で完治しますが、しばらく用いても変わらない、一時的に症状が治まるが薬を止めると悪化・再発する場合は皮膚だけの対症療法だけではなかなか良くなりません。

漢方医学療法では、昔から『皮膚は内臓の鏡』と言われるように、内臓の働きを改善しないと良くならないことが多いと考えています。
皮膚の状態を観察する事はもちろん、一人一人に細かく四診を行うことによって、五臓六腑のどこに異常があるかを考え、そこを改善することを目的に漢方薬を調合、服用することで皮膚も薄皮を剥ぐようにゆっくりですが改善されていきます。

注)一般的な漢方薬の解説書などには、「皮膚が赤く、触って熱を持っている場合、血熱を取る黄連解毒湯や温清飲を用いる」と記載されていることがあります。しかし、体の芯が冷えていて内に陽気が入れず表面に陽気が停滞し熱の症状が出ている場合もあります(表熱裏寒)この場合は人参湯で身体の芯を温めることにより皮膚の熱が内に入れるようになり、皮膚が改善される事が多々あります。
皮膚は、外の症状より内の症状を把握しなければ改善はみられません。肌荒れや乾燥肌も、内から潤わせる漢方薬がたくさんあります。
 また、特に重要な養生や食生活も合わせてお伝えいたします。努力された方はその分より早く改善していらっしゃいます。