消化器の病   逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、 慢性胃炎、胃アトニー、胃下垂、痔、脱肛、胃痛、胸やけ、ゲップ、
    胃もたれ、吐気、食欲不振、下腹痛、下痢、便秘 等

西洋医学療法では、対症療法として胃酸の分泌を抑えたり、消化薬や消化管運動亢進薬で消化を助けたりします。
便秘でも自分の腸の働きが悪いのを改善する事を考えず、ただ下剤で便を出せばよい、また下痢であれば下痢止めで下痢は止まるがその後便秘してしまったりします。筋力の低下による胃下垂や脱肛では手術しか方法はありません。


漢方医学療法では、胃は食べたり飲んだりした物を消化し精に変える所で、脾がその精を体中に配布する働きをしている所と考え、胃腸は水穀から必要な栄養素を吸収すると同時に、下に運び老廃物を排泄する事が正常で、停滞すると色々な症状が発生します。
脾の機能が低下すると、全身に精を配布出来なくなり、筋肉が弱くなり、四肢がだるくなります。すると、やがて内臓も下垂し、胃下垂や脱肛などの状態となります。漢方では、思い悩むと脾が弱ると言い、精神的な事も重要視しています。
また胃では気血の流れが悪くなると、水分代謝の調整も悪くなり、余分な水分が滞った痰飲(水毒)が生じやすくなるため、胃内でチャボチャボ音がしたり、胃が重い、もたれる、吐き気がするなどの苦痛を感じるようになります。
腸においても、津液が不足し潤いがなくなったり、腸を冷やしたり、熱がこもったりすることによって、便秘や下痢、腹鳴や腹満・腹痛が生じると考えます。従って潤いをもたせたり、温めたり、熱の停滞を巡らすことによってこれらの症状を根本から改善します。

物事を几帳面に考え、思い悩み、食事時間も思うように長時間とれず、真面目な日本人に一番多い病です。
生涯胃腸薬のお世話になりたいですか?
    このストレスに満ちた現代社会、それを支えるあなたご自身の体をいたわってください。数年かけてでも体質を見直し改善を心掛けては如何でしょうか。