あなたに合った漢方薬を決めるには

                現代医学のような検査機器が一切なかった漢方医学の時代は、『 問診・望診・聞診・切診 』の四診によって
              病因病理 (五臓六腑のどこで、気・血・水(津液)のなにが、不足・停滞・過剰のどれになっているか )を判断してきました。

問診 = ご本人から苦痛になっている症状をお聞きしたり、色々な全身症状を細かくお尋ねしたりします。
 例) 冷え性でも、足先だけ、足首から先、膝から下、腰から下、足だけか手足両方か、夏でも冷える  等々
望診 = 歩き方、姿勢、皮膚の色、顔色や青筋、目や耳の形状、舌の色や苔、痛い所を見ると腫れている 等々
何気なく拝見します。
聞診 = 声の大きさや話し方、ため息や癖で鳴らす音、お腹でゴロゴロ 等々
切診 = 冷え性でも、ご本人に足の裏に触れてもらうと汗ばみしっとりしている方、 カサカサ乾燥している方、痛い所を触れて腫れている、熱を持っている 等々

    その他にも生活習慣での癖や仕事の内容等々も参考にして、できるだけ多くの情報からその症状を発生させている病因・病理を検討し、
   はじめてあなたに合った漢方薬を決めることが出来ます。 
    従いまして、益久薬局ではメールやFAXでのご相談では 『 充分な四診 』 ができませんので、お受けしておりません。

    あなたに合った漢方薬を決めるためにも、初回だけは、遠方の方でも、必ずご本人がお越し下さい